オーストラリアの TANKAグループが主催するTANKAコンテストのお知らせと投稿作の英訳サポートについて

JAPANESE/ENGLISH

 

オーストラリアの TANKAグループが主催するTANKAコンテストのお知らせです。

https://www.mandys-pages.com/contests/215-tanka-wildlife-bush-fire-fundraiser

 

未だ終息を見ないオーストラリの森林火災により甚大な被害を受けた野生動物の救済のため、本コンテストによる集金はすべてポートマッコーリーコアラ病院に寄付されます。

ポートマッコーリーコアラ病院

https://www.koalahospital.org.au

また投稿作の中から入選作品を選び、記念歌集アンドロジーが発行されます。

 

今回、英語のTANKA作品のみの募集ですが、日本からのご投稿に対してご希望の方に無料で翻訳サポートを行います。翻訳作品をご投稿になりたい方は、小城小枝子さんまでご連絡下さい。

小城小枝子さんの連絡先は次の通りです。 sogi5690@gmail.com

アメリア・フィールデンさんと小城小枝子さんがあなたの短歌投稿作を英語に翻訳します。なお翻訳に際しては、小城小枝子さんとから作者ご本人に直接確認を得ることを前提とします。よって投稿期日に多少の余裕をいただきます。

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

 

       オーストラリア野生生物救助のための国際短歌コンテスト

 

すべての募金は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州にあるポートマッコーリーコアラ病院に寄付されます。

https://www.koalahospital.org.au

 

 

オーストラリアの全土を襲う前例のない山火事の脅威により、恐ろしい事態となりました。 そして、異常気象現象が世界の生態系の動植物に与える影響についての議論が続いています。

 

オーストラリアでは、2019年9月以降、絶え間なく猛威を振るった山火事のために10億頭以上の動物が命を落としたと推定されています。サウスウェールズ 州のコアラの生息地は最大30%が火災で焼失、 南オーストラリア州のカンガルー島では80%に近くにもなると言われています。 オーストラリアの象徴的でもあるユニークな哺乳類コアラは、これらの火災により絶滅の危機に瀕しています。

この悲惨な状況を考慮し、私たちは短歌コンペを開催し、すべての参加費(および最終的な書籍販売)をポートマッコーリーコアラ病院に寄付し、負傷したコアラの救助とリハビリに素晴らしい業績を示す彼らの活動を支援します。

 

 またこのコンテストに参加したくない場合は、ポートマッコーリー動物病院またはここMandy’s Pagesに直接寄付してください。

 

テーマ:気候変動:火災問題

 

期間:2020年2月1日-2020年3月31日

 

選者:デビッド・テレリンク

 

参加費:1首5オーストラリアドル。 3首で12ドル。ただし何度でも応募できます。

未公開作品(印刷物およびソーシャルメディアにおいて未公開であること)質の高い短歌のみが選択されます。

 

寄付先:コアラ病院、ポートマッコーリーNSW-オーストラリア

 

投稿先:  mandy@mandys-pages.com

 

PayPalによる支払い:mandy@mandys-pages.com

 

賞品:一等賞、二等賞、三等賞-オーストラリア写真集

 

 

なお、2020年後半には短歌のアンソロジーが、Mandy’s Pagesと共同で、Velvet Dusk Publishingという出版社からChristine Villaによって出版され、オンラインで購入できるようになります。アンソロジーは、Amanda Dcosta、David Terelinck、Christine Villaが編集します。

 

あなたのFacebookページ、詩グループ、ブログ、またはメールで友人や同僚と一番上に示したこのコンテストへのリンクを共有してください。

 

賞品:1位、2位、3位の短歌には本。本はオーストラリアの写真集で、最近火事で荒廃してしまったこの美しい地域を紹介しています。書籍は、コンテストの主催者から寄付されます。コンテスト参加者の賞金プールに寄付したい場合は、Facebookまたは電子メール(mandy@mandys-pages.com)でAmanda Dcostaに連絡してください。

 

受賞および表彰された短歌、および出版用に選択された他の優れた詩を含むアンソロジーが作成されます。コンテストへの応募は、アンソロジーへの掲載を保証するものではありません。

 

このプロジェクトの各段階で、ポートマッコーリー動物病院に集められ寄付された資金について定期的に更新し報告されます。

 

次のテーマに沿って提出してください。

*オーストラリアのこの現在の火災状況

*世界のどこでも地球温暖化

*ハリケーン、竜巻、干ばつ、洪水など、世界中の気象異変

* 気候変動

*環境への人間の影響

*人間が受ける環境からの影響

*今日の世界の課題

*野生生物保護・地球温暖化に対する政治状況

 

 

あなたの短歌はシニカルである必要はありません。 回復への力と思いやりのある、献身的な人々がこの問題に取り組むための行動を扱った希望に満ちた詩には計り知れない範囲があります。 短歌は、この状況に対する人間の救済を反映し、先の世代のためのより前向きな展望を望んでいます。

 

Mandy’s Pagesは、企業広告を歓迎しています。 あなたのスポンサー活動は、最近の火災後のオーストラリアの野生生物の救助とリハビリテーションを支援する私たちの努力に不可欠なサポートを提供します。 詳細については、Amanda Dcosta(mandy@mandys-pages.com)にお問い合わせください。

 

 

 

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*==*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=*

 

              短歌とTANKA

 

 私たちはこれまで日本とオーストラリアの友好の架け橋として短歌朗読など中心に活動してきました。今後は、日豪にみならず、ひろく世界の皆さんと短歌を通じての交流してゆけるように二カ国語で発信してゆきたいと思っています。以下は今までの活動です。

 

1796682_622670154455225_466921027_n

 

2010.5.18

平城遷都1300年奈良市キャンベラ市姉妹都市ウィーク
日豪短歌シンポジウム「短歌とTANKA」

                          主催:キャンベラ市、協力:奈良市
                          会場:奈良市音声館

 

「短歌とTANKA」は、2010年5月に、奈良市の平城遷都1300年祭に、奈良市とキャンベラ市の姉妹都市を記念した行事としてはじまりました。短歌の英訳における問題や英文短歌についてのシンポジウム、二カ国語の朗読が行いました。

 

朗読:アメリア・フィールデン、小城小枝子、田中教子

パネリスト:坂本信幸(龍短歌会同人。奈良女子大学名誉教授。NHK「日めくり万葉集」監修)
柴生田俊一(俳人。元日本航空財団  世界こどもハイク監修)

演奏:三浦太郎(尺八奏者。太郎工房主宰)

 

37515_103731083015804_2591594_n  37816_103725863016326_437637_n 38292_103726013016311_4101715_n

 

34959_103726546349591_5961770_n

 

 

2010.11.28

The evening of international Tanka
The Launch of Breast Clouds


第三回中城ふみ子賞受賞作『乳房雲』(田中教子著)、「機織鳥」’Weaver Birds’ 二カ国語による相聞歌集(アメリア・フィールデンと小城小枝子)、『Light of Water』(アメリア・フィールデンの第六TANKA歌集)の合同出版記念会を行いました。

 場所:ボゴング・シアター(キャンベラ市)


開会の辞:在豪日本大使館文化担当  宮川勝利

    講演:キャロル・ヘイズ(オーストラリア国立大学教
             ベバリー・ジョージ(短歌雑誌「ユーカリプス」編集長)
       朗読:田中教子、アメリア・フィールデン、小城小枝子ほか

 

419463_403738139681762_47986867_n

 

 

2011.8.11

追悼 河野裕子 

キャンベラのAsian Bookroomにおいて、前年に亡くなられた河野裕子さんを偲び、河野作品を二カ国語で朗読
朗読者:北久保まりこ、小城小枝子、アメリア・フィールデン

 

 

2011.11.13

日豪短歌朗読コンサート 調べへの回帰

協力:日本歌人クラブ、オーストラリア大使館
場所:大阪国際交流センター

 

左手のピアニストの演奏とともに、『月林船団』から若手歌人たちの作品の二カ国語朗読を行いました。

演奏:智内武雄(左手のピアニスト)  講演:小城小枝子
朗読:『月林船団』のなかまたち

※『月林船団』はアララギ若手七人の合同歌集として2010年ながらみ書房から出版され、歌壇内外に多くの注目をあつめました。年若い個性豊かな歌人集団です。当日の出演は、田中教子、中田哲三、楠誓英、森垣岳。特別出演、東野登美子。

317546_247254681996776_43022425_n

 

 

2012.11.9

The evening of international Tanka

              会場: Manning Clark House、Canberra

オーストラリアの歴史学者マニング・クラークの記念館の催しとして国際短歌朗読会を行いました。
朗読:田中教子、アメリア・フィールデン、小城小枝子ほか

 
1.田中教子第一、第二歌集「空の扉」と「乳房雲」から二カ国語朗読
2.アメリア・フィールデンと小城小枝子の第二相聞歌集「言問ふ花」から二カ国語朗読
3..琴と尺八の演奏

 

  665369_424054517650124_281134173_o 664546_424057667649809_1343771456_o

169913_424060650982844_2097522693_o  150234_424055264316716_1063726219_n

 

 

2013.5.19

 奈良市キャンベラ市姉妹都市提携20周年記念認定事業
日豪短歌朗読コンサート「短歌とTANKA」

協力:奈良市、オーストラリア
会場:奈良市音声館

 

奈良市とキャンベラ市の姉妹都市提携20周年を記念し、オーストラリアの短歌50首と、奈良を中心に日本全国から寄せられた公募短歌入選作品50首の日豪合同歌集『美しき余韻 Music of the Heart』のなかから、25首ずつを日本語と英語で朗読しました。

 

演奏:智内威雄(左手のピアニスト)
講演:アメリア・フィールデン、小城小枝子

朗読:岡本三千代、川嶌一穂

 

970959_498421293546779_1489345308_n  970007_497827310272844_1146092156_n

 

 

2014.3.5

 The evening of international Tanka

                         会場:Manning Clark House Canberra

オーストラリアの歴史学者マニング・クラークの記念館の催しとして国際短歌の夕べが開催されました。奈良・キャンベラ姉妹都市20周年日豪合同歌集『美しき余韻 Music of the Heart』を日豪歌人で朗読。批評会。合わせて『Tanka To Eat』の朗読、批評会もおこないました。

 

 朗読:アメリア・フィールデン、田中教子ほか、日豪の歌人た

 

 

1920129_625194467536127_573870832_n 1000591_625197207535853_1607997224_n

1098027_622890037766570_1004863628_n 1920592_622890374433203_1101222273_n

 

 

2014.3

首都キャンベラ建都100年奈良キャンベラ姉妹都市20周年を記念して日豪合同歌集『美しき余韻 Music of the Heart』(発行:首都キャンベラ)を、出版しました。

 

moth1 moth2  moth4

 

 

2014.3

日本の現代短歌を英語で紹介した『Tanka to Eat』(田中教子、英訳アメリア・フィールデン)を出版しました。

 

tte1 tte2  tte3